動物病院へ行く時

ペットの病気に動物病院

ペットの病気を治してくれる病院

ペットが何かの病気を患った時にまず頼るのが動物病院ですが、先生によっては得意な生き物、あまり知らない生き物がいるため、自分が何のペットを飼っているのかでどの動物病院を受診するか考慮する必要があります。それから特に開院して間もないわけでもなく、予約制を取っているわけでもないのに待ち合い室が空いているようなところは評判がよくない可能性が高くなります。受診の際先生が何を飼っているか聞いておくのも、そこ通院するかどうかの一つの目安になります。また、夜間や緊急時にも対応しているかどうかも把握しておくべきポイントとなります。

動物病院の上手な利用方法

犬や猫をはじめとするペットが、病気や怪我をしたときに利用する動物病院は、治療以外にもさまざまな役割があります。まず、病気の予防に関することとして、狂犬病の予防接種や混合ワクチンなど、死亡率の高い感染症の予防に力を入れています。蚊が媒介するフィラリア症や、ノミやダニの予防などは、季節ごとに必要なため、かかりつけの病院から通知が来るようになっていると、忘れずに予防することができます。そして、普段からの健康管理やちょっとした不安があるとき、また、飼いはじめや高齢動物などの、健康診断や飼育相談をすることができます。

↑PAGE TOP

Copyright © ペットの病気に動物病院 All rights reserved